5月 多摩の森・大自然塾「鳩ノ巣フィールド」報告

暑からず、寒からず、
過ごしやすい季節になりました。

さて、5月20日(日)に行いました
イベントの報告です。

参加者28名。スタッフ18名。

総勢46名でのイベントとなりました。

当日は、天気もよく、動くと汗ばむ陽気となりましたが、
風がとても心地よい中での作業となりました。
作業は、今年度1回目となる下刈りと
先月に引き続き、道づくり作業を行いました。

下刈り作業は、これから秋にかけて中心となる作業です。
草の成長は早く、ひと月もすると腰上ぐらいの背丈にまで成長します。
なので、できるだけ早い段階で草を刈るようにしています。

また、早い段階で草を刈ることで、
ハチの巣づくりの防止にもつながります。

道づくりでは、
参加者自身が指導者と一緒に考え、積極的に作業に取り組んでいました。
伐倒した材は、しっかりと皮を剥くようにしています。
これにより、皮を剥かない材に比べて、材が長持ちします。


参加者からは、
・久しぶりの下刈りで、体力のなさを痛感した。
・材運びがややきつかったが、楽しく作業ができた。
・充実していました。
・材木の運搬が大変でしたが、皆でチームワーク良く作業ができた。

などの感想をいただきました。

詳しくは、下記をご覧下さい↓
大自然塾・鳩の巣の山
森林インストラクター東京会


mCIMG7965.jpg
今年初めてということで、カマ研ぎと使い方のレクチャーをしました。
使い方など、再確認することで安全に作業をすることができます。

mCIMG7994.jpg
道づくりで必要な材を運んでいます。

mCIMG7999.jpg
水路づくりをしています。

mCIMG7986.jpg
河川敷の下刈りをしています。レクチャーを受けた成果は???

mCIMG8000.jpg
初参加者は、ロープワークに悪戦苦闘!?



スポンサーサイト

報告 |